美顔器の種類

今の時代はお家で簡単フェイシャルエステ

エステに行くと、美顔器を使って施術をしてくれることで、肌が美しくなったような気になっていたものですが、その美顔器も今や家庭用になり、自宅で自分でエステのようなスキンケアができるようになりました。

 

とは言え、種類も使い勝手も様々です。毎日のように使うものだし、継続したいものですから、しっかりとその種類を理解したうえで選びたいものです。

 

顔のハリやツヤ、リフトアップなどを目的としている美顔器の中でも、毛穴ケアまでできるのが、超音波美顔器です。この種類は、美顔器から超音波をだすことで、肌の細胞を振動させます。それによって、血液などの循環を良くして新陳代謝を促し、結果として肌の活性化に役立ちます。

 

微弱な電流で、肌の角質の奥にまで美容液を浸透させる効果が期待できるのが、イオン導入美顔器です。マイナスに帯電した美容液を肌に塗り、そこにマイナスの電極を当てることで、マイナスとマイナスが反発しあい、美容液が体内へ浸透していくという仕組みです。肌に塗る美容液にビタミンC誘導体を使うことで、普段は、なかなか浸透しないビタミンCが、50倍以上の浸透率になるようです。これによって、肌のターンオーバーを整え、アンチエイジングにはぴったりと言われています。

 

ちょっと軽めになってしまいますが、値段も手ごろで、いつでも簡単に使えることで人気があるのは、ころころ転がすローラー美顔器です。ローラーは、プラチナやゲルマニウムなどの種類があり、それらを、顔の肌に上で、ころころと転がすだけというものです。これによって、顔の筋肉が刺激され、肌を引き締めてくれるのです。プラチナやゲルマニウムから発生するマイナスイオンが肌を活性化する効果もあると言われています。

 

そのほかにも、微量レーザーを利用したレーザー美顔器や、黒ずみやシミに効果がありますし、スチーム美顔器から出る細かいミストは、肌に潤いを与えてくれます。

 

フェイシャルエステに行くよりも美顔器を持って好きな時に手軽にセルフエステができるほうが結局はお財布にも優しいですね。